長野のセフレが中華鍋を使い始めました

人形代ではありませんが、適切な紙に書いてください
病気の気持ちを書き留めます。
長野のセフレのように
わかりやすく書いて、書いて
それを中華なべに入れ、点火して燃やします。
私はきちんと黒を持っています。
奇妙なことがたくさんあると思います。
長野のセフレは昔、田舎の庭でそれを燃やしていました。
しかし、今日、あなたがそれをするならば、それは2つの家から離れています。
祖父に通知されます笑
だから中華鍋を使い始めました。
意外と整理されています。
多分私はそれを壊す必要があります
炎の色や熱に何かがあるようです。
(ああ、それを試す人は、非常に注意してください。火が怖いことを忘れないでください。)

休日は「ノートタイム」を取ります。
来たものと物事を受け入れます。
それをやり過ぎないでください。
ノートブックは整理に便利なツールです。
長野のセフレです
ノートセラピストの本を読む
私はそれを真似することしかできません、
ノートの書き方を考えています。
盲目的に書く代わりに
その方法で書くと長野のセフレします
焦りが少なくなります。
ステッカーや色付きのペンで飾ります。
文房具メーカーをはじめ、さまざまなノート愛好家からデコレーションのアイデアをいただきました。

スキップされる場合があります。
それから数回ありました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です